ツボから漏れ出てポロポロリ

学力が思想に追いつかない…迷える学生が思いをトンチンカンに吐き出すそんな日記の様なもの。

Aqours 4thLive感想

色々記憶が鮮明なうちに、しっちゃかめっちゃかでも言葉にするべきだなと思ったので。

 

 

今回のライブは本当にあっという間で、時間が経つのも忘れて没頭していました。

 

今までAqoursのライブは、ライブビューイングでほぼ全部行っていたのですが、函館ユニットカーニバル以来行けていなかったので、かなり久しぶりでした。

 

正直、ユニットカーニバルが期待していたものではなくて、運営に心底失望してしまって。

3rdライブに行けなかった事もあるのかな。

そこから別のコンテンツにハマった事もあって、かなりAqoursとはご無沙汰になっていたんです。

でも、ラブライブ!三昧を聞いて、μ'sとAqoursの壁が少し無くなって、虹ヶ咲学園という新しいグループもようやく活動をする事が出来る様になって……。だんだんとラブライブ!が私の理想としていた、夢を叶えてくれました。

AZALEAのファンミに行った事も、スクフェスでイベントストーリーが付くようになった事もあって、どんどんラブライブ熱が戻ってきて…Aqoursが好きだという気持ちでいっぱいの中、当日を迎える事が出来ました。

本当に良いタイミングでした。

 

ラブライバーにとって、東京ドーム公演ほど大切なものって無くて。

Aqoursはまだまだ走り始めたばかりの、通過点での東京ドーム公演でしたので、「本当に今日なのか」という思いがありました。

 

それでも久しぶりのAqoursのライブ。

いざブレードの準備をしたり、洋服を選びながら、リビングでAqoursの曲を垂れ流していたりしていたら……ライブが始まる時にはとってもワクワクしていました。

 

 

迎えた1曲目、『君の心は輝いているかい?』が、初期衣装を着て始まった時には、「Aqoursもここまで来たんだな」と、ようやく東京ドーム公演の実感を得る事が出来ました。

『Step! ZERO to ONE』『恋になりたいAQUARIUM』と初期曲を連続でやると、感動しますよね。この曲から全て始まったんだなって。

 

今回のコーレスは、私が見た時より少しアレンジがあって、少し驚きました。

特に特別バージョンだった、ありしゃの「ちゅき♥」は本当にトキメキすぎて死ぬかと思いました。

やはり小宮有紗さんはファンの期待を超えていく。

本当に大好きです。

敬語の人が急に砕けた口調になるの大好きなんですよ。

ダイヤッホーを忘れるポンコツさも、最後に「ダイヤッホー忘れてたので~」と主張して、ダイヤッホーをやるちゃっかりさも、愛おしいです。

 

本当、ありしゃのコーレスでテンションがおかしくなりました。

 

続く曲で、まさかの『少女以上の恋がしたい』が来て、もっとテンションがおかしくなりました。

この曲大好きなんですよ。

東京ドームでやると思わなかったので。

テンションがおかしくなりました。

 

今回初の試み、お着替えタイムのBGMがフルオーケストラで。

ゆったりじっくり聞いていたら、『決めたよHand in Hand』が来ましてね。

テンションがおかしくなりました。

この曲大好きなんですよ。

東京ドームでやると思わなかったので。

テンションがおかしくなりました。

 

学年曲という事は!?と思っていたら、『Waku-Waku-Week!』、『G線上のシンデレラ』が来ましてね、テンションがおかしくなりましたよね。

いや、しかも『想いよひとつになれ』の衣装なんですよ?

1期で1番好きな衣装なんです。

そりゃあ、テンションがおかしくならない方がおかしいですよ。

 

『聖なる日の祈り』『ジングルベルがとまらない』とクリスマスシーズンに相応しい曲が来て、メンバーカラーのランタン演出が良いですねぇと思いながら、またまたオーケストラです。

いやぁ凄いよねぇ。生オーケストラって、ラブライブ史上初めてだし、私も初めて聞きました。良いものですねぇ。

 

この辺りまで読んでくださった方は、序盤から私のテンションがおかしくなっている事がくどい程わかっていると思います。

本当に大好きどストライクの曲ばっかりでした。

興奮しすぎて、ライブビューイング会場で「ウオオオオアアアア( 'ω')/アアアアアッッッッ!!!!!(ど真ん中席で甲高い声)」を出しているきちがいになっていました。

いや、正直自分でもうるさいかなぁと思いながら叫んでいた節はあるのですが、いつもこれくらい叫んでいるので、構わず声を出していたんですよ。

 

 

オーケストラが終わったら、なんと『MY舞☆TONIGHT』が来たんです。

最推し黒澤ダイヤさんの、小宮有紗さんの、黒澤ルビィちゃんとのWセンター曲。

 

私、μ'sは園田海未ちゃんと三森すずこさんが好きなんですが、運が悪い事に、海未ちゃんの曲ってセンターPV曲が無いまま、μ'sの曲のリリースが終わってしまったんですよ。

 

だから、推しのセンターPV曲が専用衣装を身にまとって、キャストのみなさんがアニメと同じ踊りをするシンクロ感を味わった事が無くてですね、もう、本当に本当に、テンションがおかしくなりました。

「(  Д ) ⊙ ⊙くぁwせdrftgyふじこlpキェェェェェェアァァァァァァマイマイキタァァァァァァア!!!!!!!!!!!!!!!!!!」ってなりました。

崩れ落ちかけました。あまりにうるさく叫んだらしく、後ろの座席の人に「うるさい」って言われました。

ここからは自重しようと思い、きゃあきゃあ叫ぶ興奮はしなくなりました。

 

それはそうと『MY舞☆TONIGHT』は本当に記憶が無いです。

いや、髪型も再現してくるし、衣装はMY舞だし、ありしゃは目立ってるわ、他のメンバーも負けじと輝いているわ、本当に嬉しくて嬉しくて……軽く泣きました。

 

『待ってて愛のうた』も大好きだし、『未熟DREAMER』も大好きだし、この辺のセトリが終わってオーケストラが始まる頃には「もぅ思い残す事はねぇよ……」って涙を拭いていました。

それくらい好きな曲が怒涛の連続で来ました。

 

 

Aqoursシップが来た時にはあまりに凄すぎて笑ってしまいました。踊れるスペースがあるのか……っていう。『MIRAI TICKET』と『キセキヒカル』良いですねぇ。

 

Saint Aqours Snowが登場して、『Awaken the power』のコールをしていた時は楽しかったなぁ。

函館ユニットカーニバルでやらなかったのでね。

ひさひなが泣きそうなのに対して、アサミさんは堂々と司会進行をしていて姉妹を感じました。

 

『No,10』と『ユメ語るよりユメ歌おう』を歌い上げて、1度締めて、アンコールで『Thank you, FRIENDS!!』の衣装を身にまとって再登場!

サンフレ衣装はちょっと露出度が高めな感じがして、再現は無理かなぁと思っていたので、とっても驚きました。あんなのお嫁さんじゃん…

 

未来の僕らは知ってるよ』はずっとライブでは見たかったので、歌ってくれて本当に良かったです。

『WONDERFUL STORYS』もサンフレ衣装で歌うと、アニメには無かった儚さが出ていて本当に良かったです。

MCを入れてから、満を持しての『Thank you, FRIENDS!!』。本当に良かった。

 

MCが良かったです。

あいきゃんの、「2年前のここで夢が始まった」ってはっきりと言葉にしてくれた事が本当に嬉しくて、大好き。

ふりりんの、最後まで『降幡愛』としてでなく『黒澤ルビィ』としてMCをやりきった所が大好き。

きんちゃんが言っていた、「Aqoursの大好きをもっと広めたい!」という大きな目標を尚見つける所が大好き。

あいにゃの泣かない所も本当に良かったしその訳が大好き。

ありしゃの思っていた事をちゃーんと口にしてくれる所が大好き。

すわわもきんちゃんと同じ思いなのが嬉しくて大好き。

りきゃこの10年前発言には何が始まるんだと思ったけど、ちゃんと締めてくれる所が大好き。

しゅかしゅーのちょっとふざけに走る所も好き。

あんちゃんのやりたい事は全部やるぞってみんなを巻き込んで東京ドームコーレスする所が大好き。

みんな、みんな。大好き。

 

ありがとう。みんな、みんな、ありがとう。

みんなは「『NO,10』のみんながいてくれたから」ってしきりに言ってくれたけど、それは違うよ。

AqoursAqoursだから、私達がNo,10としてここにいるんだ。

ただ、どこまでも走り続けるAqoursを、私達は追いかけて、しがみついていたら、いつの間にかここにいたんだよ。

東京ドームを満員にする事が出来るって、本当に凄い事。

紛れもなく、18人の実力がここに連れて来てくれた。

私達を東京ドームに連れて来てくれて、ありがとう。

あーAqoursが大好き。

 

 

 

後半になるにつれて、どんどん言葉がまとまらなくなってきました……(´;ω;`)

でも、Aqoursが素晴らしいと感動した人が確かにここにいて、

この時間を共有したあなたにこの記事を読んでは共感してもらえたり、

私も想像しないくらい先の未来で「当日はこんな様子だったんだ」と少し羨ましく思ってくれていたり……

Aqoursの輪が広がる手助けになれば良いなと思います。

 

拙い文章でしたが、ここまで読んでくださった、あなたにありがとう。

Aqoursを、よろしくお願いします。

f:id:momo0418m:20181118010111j:image

 

Momo*